FC2ブログ

東京のイベント

神戸から引っ越して来て、刺激と話題に溢れる東京に毎日驚くばかり。面白い情報を発信します。

妙見島@江戸川区

東京23区内に島があるのを御存じ? 埋め立ての人工島は数あれど、その他には思いつかないかも。ちなみに伊豆七島は23区ではありません。江戸川区に妙見(みょうけん)島と云う唯一の自然島があるのです。

妙見島@江戸川区-1

この水面は旧江戸川の下流域。真ん中で、高いコンクリート護岸壁に囲まれているのが妙見島。まるで港に停泊中の大型バラ積み船みたいな外見をしています。船の艦橋(ブリッジ)の様に見えるのがラブホテル。

妙見島@江戸川区-2

島へは橋を通って車や徒歩で渡行可。橋上から見た島内道路の左側には工場が立ち並んでいて、島のイメージからくるロマンティックな風景は微塵もありません。右岸は千葉県浦安市。さて、下に降りてみますネ。

妙見島@江戸川区-3

案内図のマグロみたいな形が妙見島。そう、妙見島とは旧江戸川の中州なのです。もしこれが田舎だったら、中州のまま自然放置されるでしょうけど、ここは東京。例え中州であろうと、全て利用され尽くしてしまう。

妙見島@江戸川区-4

これはマーガリンを製造している工場。もしこの島が都心にあったら、大阪の中之島の様に一等地になっていたかも。でも、東京のことだから、どう変わるか分かりません。将来はリゾート地に再開発されるかもヨ。

妙見島@江戸川区-5

島名の由来となった妙見神社がある。神社と云うよりも祠ですけどネ。さて、20年後はどうなってますやら。


スポンサーサイト



テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

第2回新川千本桜まつり

4月3日朝方雨後曇り。都内のソメイヨシノは出揃ってきたようですが、新川千本桜まつりはどうでしょうか?

第2回新川千本桜まつり-1

12時ごろ新川さくら館前広場に到着。上手い具合に雨が止んで、大勢の人達が見物に来てました。

第2回新川千本桜まつり-2

上野公園は満開らしいですが、こちらは2分咲きくらい。木が若い為に満開が遅いのかも。これからですナ。

第2回新川千本桜まつり-3

アトラクションとして、江戸火消し伝統の木遣り歌が披露された。川面に朗々と響き渡り、聞き惚れました。

第2回新川千本桜まつり-4

その後、新川沿いに東水門までポタリング。矢打ちそばにやって来た。2か月振りの訪問になります。

第2回新川千本桜まつり-5

1時半ごろですが、店内ほぼ満員。もりそばの大を注文。相変わらず麺の量が凄い。戴きましょうか。 ム・ム? つけ汁が甘い。一番最初に来た時には江戸風辛口で美味かったのに、えらい味が変わりましたナ。


テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

第23回 新川あさ市@江戸川区

3月27日良い天気。花冷えと云う季節用語があるように、この寒さで桜前線が停滞している模様。予想より1週間程遅れ、満開は来週みたいです。本日は桜開花状況を探りに、第23回 新川あさ市までポタリング。

第23回 新川あさ市@江戸川区-1

蕾が膨らんで開花し始めている種もありますが、メインのソメイヨシノはまだ蕾状態。マァ、来週のお楽しみ。

第23回 新川あさ市@江戸川区-2

11時頃、新川さくら館に到着。新川あさ市が賑やかに開催中でした。風情ある和船川下りもやってました。

第23回 新川あさ市@江戸川区-3

近郊野菜等がお手軽価格で販売されていた。江戸川区はまだ野菜作りの畑が残っています。のどかです。

第23回 新川あさ市@江戸川区-4

浮世絵でみる「江戸の桜と江戸の川」も4月3日まで開催中。桜と浮世絵、新川さくら館にイラッシャ~イ。
 

テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

東京楽天地 まるごとにっぽん@浅草(3)

東京楽天地浅草ビルの1~4Fまで「まるごとにっぽん」の商業施設が入り、5Fから上はホテルになっています。印象としては、浅草の土地柄から一歩抜け出したお洒落スポット。多少進み過ぎてるような感じもした。

東京楽天地 まるごとにっぽん@浅草(3)-1

3Fは体験広場となっていますが、体験の趣旨が今一つ未消化だと思った。体験コーナーと云うよりも、一息入れる休憩コーナーかもネ。日本の伝統技術を伝えるワークショップを開けば、家族連れが集まりますヨ。

東京楽天地 まるごとにっぽん@浅草(3)-2

このコーナーには日本全国の観光用の広報誌が置かれていた。自由にお持ち帰り下さいとのことです。

東京楽天地 まるごとにっぽん@浅草(3)-3

Cooking studio おいしいのつくりかた。ここではさまざまな郷土料理のレシピ紹介と提案を行っています。

東京楽天地 まるごとにっぽん@浅草(3)-4

4Fはレストラン街。数ある中から、ここはイタリアンな食べ放題ビュッフェの店。近郊野菜中心の料理らしいデス。こんなのあると思わなかったので、ランチはもう済ませて来た。残念! 次回は是非利用したいです。


最初に戻る


テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

第3回えどがわ桜守交流会(3)

昔の利根川は江戸湾に河口があって度々氾濫した。徳川家康は治水工事を行い、利根川の河口を現在の千葉銚子に持って行き、バイパスを造った。それと共に、新川や小名木川などの運河を開削した。その運河を通り茨城や千葉の塩や農産物が日本橋へ運ばれた。外海を通ると、小さな船はよく遭難したからです。

家康は戦にも強かったが、優れた治世者でもあった。現在の東京の基礎を造ったのは彼の業績でしょう。

第3回えどがわ桜守交流会(3)-1

手漕ぎ船はゆっくりと東進。間もなく環七の大橋が見えてきた。あの橋を越えた所でUターンするようです。

第3回えどがわ桜守交流会(3)-2

Uターンし、今度は西進します。 現在の新川には多数の橋が架かっています。その内の約半分が歩道橋だとか。橋の景観にも気を使っていて、この歩道橋は忍者橋と呼ばれている。真っ黒な外観の為でしょうか?

第3回えどがわ桜守交流会(3)-3

新川千本桜は殆どがソメイヨシノ。今年の開花予想は3月20日頃だとか。今、咲いているのはカンヒザクラ。

第3回えどがわ桜守交流会(3)-4

40分ほどの川遊びの後、さくら館前の船着き場に戻って来ました。天気に恵まれ穏やかな日で良かった。

第3回えどがわ桜守交流会(3)-5

帰る時には小松菜せんべいのお土産も戴いた。小松菜は江戸川区特産の野菜デス。3月27日、第23回 新川あさ市の時にも和船に乗れるらしいです。無料なので、御希望の方は新川さくら館の方にお訪ね下さい。


最初に戻る


テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

次のページ