FC2ブログ

東京のイベント

神戸から引っ越して来て、刺激と話題に溢れる東京に毎日驚くばかり。面白い情報を発信します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しもきた天狗まつり@下北沢

浅草から下北沢までの行き方は何通りかあります。中でも浅草駅発のメトロ銀座線で終点渋谷駅まで行き、京王電鉄井の頭線に乗り換えるのが一番簡単な行程だと思った。東京に来て1年、電車にも乗り慣れた。

しもきた天狗まつり@下北沢-1

下北沢の第一印象は雑多で、お洒落な感じはしなかった。小さな商店街が幾つも連なり、シモキタを形成してる。東京と云うより地方都市の通りのよう。小路の商店街は活気があって、若者が沢山歩いていました。

しもきた天狗まつり@下北沢-2

商店街を歩いてみると、極普通のお店に混じって、こんなお洒落なショップや飲食店が点在しています。色んな年齢層の人達が仲良く暮らせるような街かな? と思った。今時の言葉で言えば、多様性の街ですか。

しもきた天狗まつり@下北沢-3

通りを歩いていたら太鼓の音が聞こえた。横丁を入ってみると、お寺の境内のステージで賑やかにイベントが開催中。節分に先駆けて、袋入りのお菓子を観客に向かって投げていた。さては天狗まつりの一環か。

しもきた天狗まつり@下北沢-4

さて、シモキタが分からない街だと思った理由はこの紙芝居屋。人だかりがしているので覗いてみると、観客は殆どが成人男性。子供は一人もいなかった。それもその筈、内容はまるっきりのアダルト物。その語り口は微妙にイヤらしく、時にはユーモアを交え、切々と物語る。果たしてアートなのか猥褻なのか? こういうのもアリなのがシモキタ流なのかも。これも天狗まつり一環イベントだと思うけど、面白いことをやってくれる。


最初に戻る


スポンサーサイト

テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

世田谷のボロ市(4)

世田谷ボロ市は現代のフリーマーケットに似てますが、電気製品とかは全然売って無い。ノスタルジーを感じさせるもの限定かな。そういう点では京都東寺の弘法市と同様か。古いものを保存し使うことは文化です。

世田谷のボロ市(4)-1

古い着物を手に取って品定めする若いグループ。リサイクル品だけど、今に通ずるセンスがある。流石です。

世田谷のボロ市(4)-2

もう廃れてしまったかと思えば、まだ生き残っていた飴。昔より種類は増えてますネ。1ツ舐めてみたくなる。

世田谷のボロ市(4)-3

色々な店が出てましたが、ここが一番可愛かった。しかも安いと思う。女子高生たちなんかには人気かもネ。

世田谷のボロ市(4)-4

日本の田舎を感じさせるチマキに笹だんご。これも売れてました。ただ、試食もやって欲しかったですネ~。


次回へと続く


テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

世田谷のボロ市(3)

本日の雪で都内の交通網は大混乱したようです。同じ都内と云っても、江戸川区は海が近いこともあって雪はそんなに降りませんが、世田谷区は内陸性だから江戸川区よりも多分多かったのではないでしょうか?

世田谷のボロ市(3)-1

神社の境内を抜けるとボロ市通りに出る。何と!この通りに面し代官屋敷があったのにはビックリしました。

世田谷のボロ市(3)-2

これは全く知らなかった。表門を左側より見る。ボロ市が開催されていることもあり、見物人がイッパイです。

世田谷のボロ市(3)-3

この屋敷は江戸中期に建てられ、彦根藩井伊家の家臣だった大場家の住宅兼用の代官所であったらしい。

世田谷のボロ市(3)-4

江戸川区には一之江名主屋敷が保存されているし、世田谷区にはこの代官屋敷。良い共通点があるネ。

世田谷のボロ市(3)-5

裏側の2階部分を見るとベランダがある。2階部分は物置きだったと思うので、ここから出し入れしたのかも。


次回へと続く


テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

世田谷のボロ市(2)

豊かな現代と違って、昔は着物は貴重であった。着なくなった服でも次々と再利用し、最後は雑巾にして使われたらしい。世田谷ボロ市の歴史は430年ですが、当時は日本の至る所で似た様な市があったのでは。

世田谷のボロ市(2)-1

江戸川区から世田谷区へ、東京都の東の端から西の端への横断旅行。この経路が少々ややこしい。東京メトロ東西線九段下駅で半蔵門線に乗り換え、東急田園都市線三軒茶屋駅へ。そこで東急世田谷線の路面電車に乗り換えます。線路の両側には家が立ち並び密集している。さて、カラフル電車は上町駅に到着。

世田谷のボロ市(2)-2

駅前にはリサイクルショップがあった。後で分かりましたが、周辺にはこんな関係のショップが沢山あった。

世田谷のボロ市(2)-3

リサイクルショップの裏手には天祖神社がある。そこにはボロ市に協賛した植木市が開催されていました。

世田谷のボロ市(2)-4

神社の境内ではボロ市名物の美味そうな代官餅が販売。ざっと見て、100人以上の列がズラ~リ。諦めた。

世田谷のボロ市(2)-5

同じくここには東北地方の鮭トバ等、名産品のブースが立ち並んでいた。最初から面白過ぎ前に進めない。


次回へと続く


テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

世田谷のボロ市

1月15日良い天気。本日は東京メトロと東急を乗り継ぎ、430年の伝統がある世田谷ボロ市に行って来た。

世田谷のボロ市-1 

横断幕にあるように、ここは代官屋敷があるボロ市通り。メインストリートから横丁まで買い物客でイッパイ。

世田谷のボロ市-2

ボロ市とはオンボロとかボロボロからきたのかも。ボロボロな着物も市で売られ、大事に再利用されていた、江戸時代からの風習が現代の世田谷に脈々と生き残っています。これはフリマでしょう。明日もやってるヨ。


次回へと続く


テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。