FC2ブログ

東京のイベント

神戸から引っ越して来て、刺激と話題に溢れる東京に毎日驚くばかり。面白い情報を発信します。

豊洲パエリア2016(2)

ヨーロッパでも地中海地方は食材が豊富、料理が美味しいことで有名です。日本人にも親しみ易いかも。

豊洲パエリア2016(2)-1

本当は5ブース全部食べたかったけど、左の北海道別海町の肉とチーズを使ったパエリア、右は山口県下関の肉に野采を使ったパエリア、そしてスペイン産の黒ビールをゲット。潮風に吹かれながらのランチ最高!

豊洲パエリア2016(2)-2

食後、ブースの前には長蛇の列が6本出来ていた。繁華街の近くじゃなくとも、魅力があれば客は来ます。

豊洲パエリア2016(2)-3

食べ終わったので、ゆっくりとプロが織りなす舞台裏を見て回った。オープンキッチンを見るのは面白い。

豊洲パエリア2016(2)-4

普段は絶対見られないキッチンの舞台裏を失礼してご披露します。この様なイベントでしか見られないかも。

豊洲パエリア2016(2)-5

フラメンコのダンサーたちもスタンバイ。見たかったけど、港まつりが待ってるので・・・ 来年必ず見ますネ。


次回へと続く


スポンサーサイト



テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

豊洲パエリア2016

御存じでしょうが、パエリアとはスペインの炊き込みご飯。色んな魚介や肉野菜、スパイスが入ってます。

豊洲パエリア2016-1

準備中を撮ろうと思い、9時半頃早めに会場に到着した。思い通りに準備の真っ最中。5ブース出店してた。

豊洲パエリア2016-2

テントの裏には豊洲の運河が広がる。船が通る時に開く跳ね橋が掛かっています。この辺は全部埋立地。

豊洲パエリア2016-3

10時開催の10分前には殆ど出来上がりの店もあった。後は蒸らすのみでOKです。早くも生ツバがごくり。

豊洲パエリア2016-4

こちらはまだグツグツ煮てます。日本と違って米を洗わないで投入し、米の芯が少し残るくらいが本格的。

豊洲パエリア2016-5

オープン間近になると長蛇の列が出来てきた。左側のチケット売り場で希望店のチケット500円を購入してから各店頭に並ぶ。一番沢山チケットが売れた店が優勝します。 どれを食べようかナ・・・ 思案しますネ。


次回へと続く


テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

東京モーターサイクルショー2016(5)

日本製のバイクは高性能でありながら低価格ということで、世界市場を凌駕してきました。しかし、それに飽き足らないユーザーもいる。例え高価であっても、他人と違ったマシンに乗ってみたい天邪鬼がいるのです。

東京モーターサイクルショー2016(5)-1

生産性を度外視しても、作り出すことに喜びを感ずるイタリア技術者の作品。一般的なフォーク式のサスペンションではなく、スイングアーム式サスペンションを採用しています。こんなバイクは街では見たことがない。

東京モーターサイクルショー2016(5)-2

ホンダ製600㏄エンジンを載せているVYRUS986M2というバイクであります。価格は千三百六十万円。

東京モーターサイクルショー2016(5)-3

高価なバイクを買いたいけど、盗難が心配と思われている方にお勧め。バイク専用のガレージまであった。

東京モーターサイクルショー2016(5)-4

ショールームみたいで格好イイ!しかもポリカーボネートの窓なので、ハンマーで叩いても大丈夫。ファッションと安全を兼ね備えたこのガレージは250万円だって。ここにVYRUSを格納すると合計1600万円。
 

次回へと続く


テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

東京モーターサイクルショー2016(4)

現代は多様化の時代。日本の若者娯楽もスマホやゲームに心が移り、以前ほどバイク人気は無い。存外、インドや東南アジアのバイク人気は凄いらしい。今、日本メーカーはあちらの国で販売競争中であります。

東京モーターサイクルショー2016(4)-1

スズキのブースはどうでしょうか? バイクの新機種が少なくて地味に感じた。鋭意!企画中らしいです。

東京モーターサイクルショー2016(4)-2

反面、ステージの観客飛び入りショーは面白かった。転倒したバイクを引き起こす体験をやってるところ。

東京モーターサイクルショー2016(4)-3

と、いうのはウソで、今まさに高速コーナーを走行中の場面。これだけ深くマシンを傾けないと回れないということです。バイクレースがヘアピンサーカスと云われる所以かも。この人、レーサーに成り切った顔してる。

東京モーターサイクルショー2016(4)-4

「私もやってみた~イ」ってことで、女子も挑戦してみました。男も女も同じ事をやりたがる時代であります。
 

次回へと続く


テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

東京モーターサイクルショー2016(3)

日本の四大バイクメーカーの中で1番好きなのはどこ? と、もし訊ねられれば、独断と偏見でYAMAHAと答えるでしょう。男性的な乗り物のバイクですが、女性的な繊細をさ持つデザインのYAMAHAが1番好き。

東京モーターサイクルショー2016(3)-1

YAMAHAブース大賑わい。日本ではバイクは昔程売れませんが、ここだけ見てるとまだバイク人気凄い!

東京モーターサイクルショー2016(3)-2

40年ほど前に活躍したレーシングマシーンのYZR500が展示。今のマシーンとは違って2サイクルだった。

東京モーターサイクルショー2016(3)-3

これはRZレプリカなのか? と思いきや、RZの皮を被った最新メカのXSR900だってサ。これは売れるヨ。

東京モーターサイクルショー2016(3)-4

電動アシスト自転車を日本で初めて販売したのはYAMAHA。今やPASはママたちに大人気になってます。

東京モーターサイクルショー2016(3)-5

これはロードレーサーですけど、何と!電動アシスト車でした。皮ケースに電池が入ってるのでしょう。YAMAHAらしく部品が繊細で美しい仕上がり。もし販売されるとしたら、100万円は下らない価格になるのでは。
 

次回へと続く


テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

次のページ