FC2ブログ

東京のイベント

神戸から引っ越して来て、刺激と話題に溢れる東京に毎日驚くばかり。面白い情報を発信します。

2日間だけの清長と相撲浮世絵展@両国(2)

大相撲夏場所が終わり、両国は平静さを取り戻していることでしょう。日本人横綱がいなくて寂しいですが、大相撲人気はまだまだ凄い! 取り組み時の懸賞本数も半端ではありません。昔より遥かに多いくらい。

2日間だけの清長と相撲浮世絵展@両国(2)-1

将軍綱吉の生類憐みの令に依って、回向院には犬猫の墓まである。そして、あの伝説の盗賊 鼠小僧治郎吉の墓はこちら。義賊だったと云う伝説は嘘臭いですが、大名屋敷専門に荒らし回ったのは本当らしい。

2日間だけの清長と相撲浮世絵展@両国(2)-2

さて、鳥居清長の相撲浮世絵展はこちらの念仏堂の中、大相撲夏場所期間中日の土・日に開催された。

2日間だけの清長と相撲浮世絵展@両国(2)-3

有名絵師だった鳥居清長の絵の特徴は男も女もスタイル抜群なことです。江戸時代の日本人は5~6頭身の小柄な体格ばかりでしたが、清長作品では全て夢の世界のような8頭身のモデル体型に誇張された。


最初に戻る


スポンサーサイト



テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

2日間だけの清長と相撲浮世絵展@両国

5月15日良い天気。さて本日も都バスを乗り継いでの旅。2日間だけの清長と相撲浮世絵展へ行って来た。

2日間だけの清長と相撲浮世絵展@両国-1

都バスの最終駅は両国国技館前でした。本日は大相撲夏場所の中日。ファンが歩道に鈴なりになってた。

2日間だけの清長と相撲浮世絵展@両国-2

丁度、ソップ型の若い力士がやって来た。光源治という四股名だって。ジャニーズ系の格好良い美形です。

2日間だけの清長と相撲浮世絵展@両国-3

ランチ時だったので、両国まつりで食べ損ねたちゃんこ巴潟に直行した。向かい合わせに2軒あります。

2日間だけの清長と相撲浮世絵展@両国-4

食後、喫茶店で一休みしていたら、若いお相撲さんが入店して来た。さすがは両国だと感心しました。

2日間だけの清長と相撲浮世絵展@両国-5

その後、回向院の「清長と相撲浮世絵展」に行った。正面の念仏堂の中で開催してました。


次回へと続く


テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

両国にぎわい祭り2016(4)

江戸時代初期、江戸市中は隅田川の西側だけに栄えていた。東側は下総国と呼ばれる田舎だった。私のベタな推測ですが、二国へ往来できる中継点にあったので、両国と云う名前が付いたのではなかろうか。

両国にぎわい祭り2016(4)-1

歩行者天国は京葉道路に突き当たり、右に行けば隅田川の両国大橋へ、左は千葉方面に至ります。正面に見えるは回向院の正門。1657年明暦の大火後に建立され、10万人以上の焼死者霊が葬られています。

両国にぎわい祭り2016(4)-2

折角なので、初参拝してみた。右側拝殿テラス上にはお洒落な竹の生け囲い。スペースを上手く使ってる。

両国にぎわい祭り2016(4)-3

5月14・15日に2日間だけの清長と相撲浮世絵展が回向院念仏堂で開催。そのポスターが張ってあった。

両国にぎわい祭り2016(4)-4

お茶席が設けられ、上品な御婦人たちが楽しんでいました。私も・・・ と思ったが、気後れしました。御免!

両国にぎわい祭り2016(4)-5

力塚と彫られた碑があった。双葉山や玉錦と云った昔の有名力士の霊を祀るもだって。さすが両国です。


最初に戻る


テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

両国にぎわい祭り2016(3)

東京には渋谷の様に文化の移り変わりが激しい処があれば、両国のように伝統の江戸文化が残されているエリアもある。そのどちらだけを好きと云わず、両方楽しめば良いと思う。多様性の都市 東京は奥が深い。

両国にぎわい祭り2016(3)-1

お相撲さんも人の子、女子から写真を頼まれれば、にっこり御機嫌。街では当たり前の真顔で歩いてマス。

両国にぎわい祭り2016(3)-2

下町の伝統芸能、チキチン・ドンドンと賑やかにお囃子会の山車も出演。下町のお祭りには欠かせません。

 両国にぎわい祭り2016(3)-4

テントの裏に回ってみると、カラフルな日本手ぬぐいが吊るされていた。両国各町内独自の絵柄になってる。

両国にぎわい祭り2016(3)-3

ステージでは相撲甚句が出演。ちゃんこ屋に入ると、この相撲甚句がバックグラウンドで流れておりますヨ。

両国にぎわい祭り2016(3)-5

軽業なども披露された。こういう芸も近頃余り見なくなりました。東京の下町ならではかも知れません。


次回へと続く


テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

両国にぎわい祭り2016(2)

両国には国技館の他に東京都江戸東京博物館があって、これも大きな見所の一つ。大変面白いです。

両国にぎわい祭り2016(2)-1

レトロなJR両国駅を左手に見、高架下を通り京葉道路方面に向かう。ここも歩行者天国でにぎわってます。

両国にぎわい祭り2016(2)-2

当日のランチ予定だったチャンコ巴潟のブースが出店。スタッフの女子に店まで連れて行って貰ったが、只今の時間13時55分、残念ながら終了してました。しきりに恐縮してたけど、下町の人情がある女性だった。

両国にぎわい祭り2016(2)-3

遅い時間に行った私が悪い。今度、また行くからね。ちゃんこ安美に行ってみると、ぎりぎりセーフでした。

両国にぎわい祭り2016(2)-4

私が最終の客でした。OKしてくれてホッ!。ここは昨年以来2回目の来店です。二色つみれちゃんこを注文。

両国にぎわい祭り2016(2)-5

鶏といわしのつみれと野菜の他いっぱい入ってる鍋。煮える前ですが、見た目以上に量があります。スープは塩味の鶏出汁でこれが本当に美味い。両国と云えばお相撲さん、料理なら間違いなくチャンコでしょう。


次回へと続く


テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

次のページ