東京のイベント

神戸から引っ越して来て、刺激と話題に溢れる東京に毎日驚くばかり。面白い情報を発信します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京楽天地 まるごとにっぽん@浅草

「曲がりくねった六区の風よ♪・・・ 背中で泣いて~る、唐獅子ボ~タ~ン♪」。御存じ、高倉健の歌ですが、この中の六区を昔は音楽のロックだと思っていた。浅草六区は映画館や芝居小屋など大衆娯楽のメッカ、欽ちゃんやビートたけし等のスターを生んだ所。昔は来たことはありませんが、飲食店も沢山あったらしい。

東京楽天地 まるごとにっぽん@浅草-1

浅草駅から伝法院通りを西に進むと、昔からの大衆飲食店が密集する六区の世界があります。その迷路の様な小路を歩いて行くと、突き当たりに近代的な真新しいビルが見えてくる。浅草六区の光と影の部分。

東京楽天地 まるごとにっぽん@浅草-2

前回来た1月の土曜日は店内大混雑だったのでチラ見で退散。本日は割りと空いており、先ず1Fから見物。

東京楽天地 まるごとにっぽん@浅草-3

1Fには日本全国のこだわり食品が展示即売されています。この棚にはピクルスのビン詰めがレイアウト。

東京楽天地 まるごとにっぽん@浅草-4

桜の花びらの塩漬けなんかもある。こんなのスーパーでは見たことない。お茶に入れれば桜茶になります。

東京楽天地 まるごとにっぽん@浅草-5

日本全国の珍しい地酒が数え切れないほど種類がある。ズラリ並ぶラベルを見てたら、一滴も飲んでないのに目が回ってきた。これは懐かしい神戸酒心館のしぼり立て酒。量り売りなので、好きなだけ買えます。


次回へと続く


スポンサーサイト

テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。