東京のイベント

神戸から引っ越して来て、刺激と話題に溢れる東京に毎日驚くばかり。面白い情報を発信します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の庭園開放@東京国立博物館(3)

東京国立博物館では1部を除いて撮影は可。バンザ~イ! 感謝感激雨あられ・・・ 推測ですが、展示品の殆どがこちらの所有物だからかも。もしこれが借り物でしたら、貸主に遠慮し撮影禁止となるやも知れぬ。

春の庭園開放@東京国立博物館(3)-1

初訪門なので、館内は迷路のように感じた。展示品の数も膨大で、見て回るうちに頭がクラクラしてきた。

春の庭園開放@東京国立博物館(3)-2

古墳時代中期頃の皮鎧と剣。皮鎧は真っ黒に炭化しております。多分、下手に扱うとボロッと崩れるかも。

春の庭園開放@東京国立博物館(3)-3

19世紀江戸時代の御所人形。時代が新しいこともあって、保存状態が良い。とても綺麗なお顔してます。
 
春の庭園開放@東京国立博物館(3)-4

兜や甲冑、刀剣も沢山展示中。これは多分、年寄りが身に着けた鎧だと思う。実戦と云うよりお飾り用か?

春の庭園開放@東京国立博物館(3)-5

渡辺崋山の描いた鷹見泉石の肖像画は国宝指定。眼力が凄くて、強い精神力の持ち主だったのではないか。 と、まあ、展示作品の数が余りに膨大だから、ご紹介は独断と偏見でほんの1部だけにしときます。


次回へと続く


スポンサーサイト

テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。