東京のイベント

神戸から引っ越して来て、刺激と話題に溢れる東京に毎日驚くばかり。面白い情報を発信します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2日間だけの清長と相撲浮世絵展@両国(2)

大相撲夏場所が終わり、両国は平静さを取り戻していることでしょう。日本人横綱がいなくて寂しいですが、大相撲人気はまだまだ凄い! 取り組み時の懸賞本数も半端ではありません。昔より遥かに多いくらい。

2日間だけの清長と相撲浮世絵展@両国(2)-1

将軍綱吉の生類憐みの令に依って、回向院には犬猫の墓まである。そして、あの伝説の盗賊 鼠小僧治郎吉の墓はこちら。義賊だったと云う伝説は嘘臭いですが、大名屋敷専門に荒らし回ったのは本当らしい。

2日間だけの清長と相撲浮世絵展@両国(2)-2

さて、鳥居清長の相撲浮世絵展はこちらの念仏堂の中、大相撲夏場所期間中日の土・日に開催された。

2日間だけの清長と相撲浮世絵展@両国(2)-3

有名絵師だった鳥居清長の絵の特徴は男も女もスタイル抜群なことです。江戸時代の日本人は5~6頭身の小柄な体格ばかりでしたが、清長作品では全て夢の世界のような8頭身のモデル体型に誇張された。


最初に戻る


スポンサーサイト

テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。